先輩が本当にセックスをしているんだったら、どうやって相手を探しているのかを聞きたいって気持ちがありました。
この話が本当の事だったのなら、自分にも相手を探すことができそうな気がしたのです。
メタボな中年男が無料でセックスを楽しむ、だったら若い時分にはさらにチャンスがあるんじゃないの?って感じだったのです。
何だかこんな太った先輩に聞くのも癪に障る部分がありましたが、精液を処理するための肉壷探しができるもんならと思い切ってその方法を引き出していく事にしました。
「それで、先輩どうやって相手探すんです?」
「俄然興味が出てきたか」
「そりゃ興味ありますよ。
出会いがないから最近オナばっかですからね」
正直な感想を先輩に伝えたのです。
「出会いって全然難しくないんだぞ。
今じゃインターネット時代だからね、これを活用すればいいんだよ」
「ネットナンパなんですね」
「そうだ!エロい女が多いから、タダマンは簡単に決めることができるし即ハメも楽しめる」
「それでどんな感じで相手探すんです?」
「これはかなり重要な部分なんだが、評判が高い出会い系サイトを使うことなんだ」
出会い系サイトって本当に出会えるものなのか?自分は何時でもこんな疑問を持っていたために利用したことがなかったのです。

世の中には悪い噂がたくさん流れていますから、やはり近寄らない方が無難じゃないかって思っていました。
「出会い系は本気で大丈夫ですか?」
「優良出会い系サイトは間違いがないと。
できれば複数の出会い系を同時に使っていく事で、即セックス可能な相手を探すこともできる」
自信たっぷりに話してきたのでした。
この先輩がセックスできるんだから、自分もきっと相手見つけられるだろうって気持ちになって、何だか明るい気分になってしまいました。